結婚式のスピーチあれこれ!立ち位置でスピーチを考察

友人代表としてのスピーチを考察

結婚式のスピーチの構成として、祝辞や招待のお礼・自己紹介・新郎新婦とのエピソード・新郎新婦への激励・締めの言葉になります。全体的な言葉遣いをカジュアルにするのかフォーマルにするのかもキーポイントで、家柄や式の雰囲気に合わせるのも良いですね。暴露話・過去の恋愛・下ネタ・忌み言葉などを避けて考え、友人の晴れの舞台であると認識して大人の対応を心掛けます。悪友の結婚式だからと悪ふざけが過ぎると友情にもヒビが入ってしまいますよ。

主賓や来賓の立場のスピーチ

会社の部下などの結婚式で主賓や来賓として招待された場合のスピーチでの構成は、挨拶・新郎新婦との関係(自己紹介)・新郎新婦の人柄・新郎新婦への祝辞になります。関係を話す際に上司であれば新郎新婦が勤める会社の概要を軽く盛り込むのも大事ですし、学校の生徒であれば学校の紹介も入れておくと中には「どんな会社?」「どんな学校?」とイメージ出来ないゲストにも判りやすいかもしれません。あまり人柄が判らない部下の結婚式では、主観よりも具体的な話を入れると良いですね。

親族代表のスピーチの仕方

親族代表もしくは両家代表となると、新郎の父又は親代わりの親族が行います。基本的な構成として挨拶・謝辞・新郎新婦への支援のお願い・結びの言葉になります。挨拶は定型文でも構いませんが、気持ちが帰り支度をしているゲストの心に響くスピーチでなければならず礼を欠かないようにします。予め文章をメモしておき、老眼鏡など読む時に困らないように準備しておく事も忘れてはいけません。慌てたり泣き出したりしないように用意は周到にします。

両家にとって大切な1日を過ごす結婚式場を神奈川で行いたいという新郎新婦は、「海」か「緑」にポイントを置いて考えること事もひとつです。